英国留学--イギリスで英語を勉強しませんか--留学体験談

46歳女性。イングランド南部の小都市ウィンチェスターにある小規模校ウィンチェスタースクールで5週間の集中コース受講でホームステイ滞在。

イギリス留学経験者の感想
2020年3月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 46歳、女性、専門職

2. 学校名及び期間

 Winchester School of English、2020年2月〜3月の5週間、一般コース

3. 予算(お小遣いを含む)

 航空券代:往復16万程度

4. 留学の目的、及びなぜイギリスを選んだか?
5. 最終的にその学校を選んだ理由

 英語のスキルアップのために留学しました。仕事で英語を使うことはありません。ニチアイさんには昔アイルランド留学でお世話になりまして、今回もまたお願いすることにしました。今回は初めての国に行ってみたいということでまずイギリスに決め、中でも1クラスが少人数のところ、週末にロンドンなど見どころが近くにあるところ、評判が良さそうなところということでこちらの学校に決めました。午前だけの授業だと午後を持て余すので、夕方まで授業があるのも決めてでした。

6. 学校及びステイ先とイギリスでの生活のついての感想

 学校については、総合的に満足しています。私が通った期間は全体でも生徒数は20名以下でした。ベビーシッターなど働いていたり、主婦をしながら週に1,2回通うようなパートタイムの生徒もいました。クラスは初級から上級まで4クラスに分かれており、午前中2コマは文法メインでクラス別に行われ、午後2コマはスピーキング、リスニング、ライティングをメインにしており、中・上級は2クラス合同で行われます。それでも多くても6人くらいで、いつも大体3、4人でした。午後はIELTSコースを受けている生徒も結構いました。
 月曜日は新入生が入る日で、その日は午前も合同クラスで、先生も毎週変わります。新聞記事をもとに話し合ったり、週末の出来事を生徒同士で話し合い、ペアになった生徒の週末を発表しあうなどです。火曜日は夕方からパブナイトがあり、先生が一人担当して毎週いろいろなパブでおしゃべりするものです。パブの雰囲気を楽しめます。水曜午後は30分のReadingの監督付き自習、その後は自習か、希望によりチュートリアルがあり、自分のわからないところなどマンツーマンで15分先生の時間をもらえます。帰宅する生徒も結構いました。水曜木曜夕方のアクティビティは、週により色々ですが、例えばシネマトークとかソングトークと言ってそれぞれが自分の好きな映画や歌について話したりして、ソファに座りながらのリラックスしたスピーキングの練習のようなものです。レベルに関係なく参加できます。うまく話せなくても先生がフォローしてくれます。ほかにスペインの生徒がスペイン料理を作って皆で食べたり、バレンタインには皆でお菓子を作ったりしたようです。金曜日は午前にその週の復習小テストがあります。自分で採点し、わからないことを質問できます。その後、選択クラスで、例えばBritish Foodでしたら先生がイギリスの食べ物を用意してくれてその由来について話したり、Winchesterの歴史のクラスでは博物館や大聖堂に皆で行きます。4週間毎に新たなコースを選びます。また、夕方のアクティビティは自由参加ですので、いつもなんでも参加する生徒もいれば、まちまちでした。
 校舎は古いです。小さい食堂スペースに冷蔵庫、オーブン、電子レンジ、ポットがあり、コーヒー、紅茶、牛乳は常にあり自由に飲めます。そこで休憩時間は先生生徒がお茶を淹れに集まり話をしたり間食したりします。昼食はそこで持参したものを食べたり、家に戻る生徒もいます。またStudent Roomがありソファがあるのでそこで朝でも昼でもくつろいだり、ゲームをする生徒もいます。クラスが合同になることもあり、アクティビティもあり、別クラスでも顔と名前を覚えられて話ができます。そういう点では孤独感を感じにくく楽しく過ごせました。先生も声をかけてくれるので何かと不安な方には良いと思います。
 生徒は30代前半、18〜20歳前後が多かったように思います。国籍はスペイン、フランス、イタリアが他よりは少し多め(といっても2,3人ですが)、チェコ、中国、日本、香港、タイ、オマーン、サウジ、ベネズエラ、ブラジル、チリ、コロンビアなど。日本人は私の他にもう一人いました。校内では基本的には英語のみ使うように言われていますので問題ありません。3週間くらいの人もいれば半年、1年の生徒もいます。誰かが国へ帰るときには、皆でお別れ会として夕食を食べたりもしました。これは学校とは関係なく、です。長く通っている、活発な生徒が皆を誘ったり、提案していました。WhatsAppのアプリでグループ登録して連絡しあったりしていました(学校側とも、ときにありました)。
 ぜひお伝えしたいのは、1か月くらいいると好きな内容でプレゼンテーションする機会があるため、ラップトップがあったほうが良いかもしれません。もちろんなしでもできますが、画像などあったほうが20分以上話すには間がもちます。私は重いので持っていかなかったのですが、その分iphoneのkeynoteで作成しました。使ったことがないアプリで四苦八苦、しかもiphoneと学校のパソコンや映写機とつなぐソケットがなくてあせりましたが、学校のラップトップからicloudにアクセスして無事にできました。たいていは自分の国の紹介などするようですが、私の場合はすでに他の日本人が発表したばかりでしたので、自分の住んでいる地域について発表しました。趣味についてでも、何についてでも良いのですが、長く通う予定の方はそういうネタを考えておくと良いかもしれません。

 ホームステイ先については、何人かの生徒とも話しましたが、特に不満を訴える人はいなかったように思います。立地はすぐ近くだったり、30分くらい歩くところだったりはしますが。私も概ね満足でした。

 Winchesterの町は小さく、たいてい歩いて行けます。バスもありますし。どんなところかわからず色々ものを持っていきましたが、よほどこだわりがなければ現地で1£ショップやスーパー、安いPrimarkで服も入手できますので、あまり重い思いをしなくてもよいかと思います。イギリス系の化粧品などは4割引きくらいで購入できました。
 また予想以上に寒くて、冬の服装で十分でした。ダウンコートで良かったくらいです。この時期でしたら、帽子マフラー手袋は必須です。家の中は毛布が無かったので、ライトダウンを着て寝ていました。そこはステイ先にもよるかもしれません。イギリス人は体感温度が違うので、私たちほど寒くないようです。また毎日のようににわか雨か普通の雨が降りますので、風に強い折り畳み傘や防水の靴や羽織ものはおすすめしたいです。
 週末はオックスフォード、ロンドンも1時間で行けますし、ほかにも行きやすい場所がたくさんあるので観光もできると思います。ほとんどの店で少額でもカードが使えますので、コンタクトレスのカードがあると相手にカードを渡さなくても一瞬で決済できて本当に便利でした。アメックスは使えないところが多いようです。現金はタクシーのチップ代など最小限でよいかと思います。治安も良くて、例えばリュックだとひったくられるとかそういうこともなくて、普通に気をつけていれば良い気がします。
 留学が初めての方でも皆がフレンドリーな学校でしたので、安心して通える学校としておすすめできると思います。私もまたいつか行けたら良いなと思っています。

7. 週末の過ごし方

 

8.留学中困った事、及び良かった事

 

9. その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

 

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 


このページのトップへ戻る
「イギリス留学経験者の感想」フロントページへ戻る

イギリス留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
2005年1月1日から
(c) Copyright 1998-2020 Nichiai Ltd