英国留学--イギリスで英語を勉強しませんか--留学体験談

53歳女性。ストラットフォードとロンドン・ハムステッドの2校に合計3ヶ月あまりの留学をし、どちらもホームステイ滞在。

イギリス留学経験者の感想
2015年12月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 53歳、女性、派遣社員

2.学校名及び期間

 1) Oxford House College Stratford-upon-Avon (2015年9月7日〜10月2日、4週間)
    一般英語+会話20時間
 2) Hampstead School of English (2015年10月5日〜12月11日、10週間)
    ケンブリッジ試験(CAE)コース

3.予算(お小遣いを含む)

 飛行機代:約15万円
 1) 学費:820ポンド ホームステイ:620ポンド(4週間)
 2) 学費:1,950ポンド ホームステイ:1,650ポンド(10週間)

4.留学の目的、及びなぜイギリスを選んだか?

 英語力、特にスピーキングの強化のため
 イギリスの国と文化(文学・演劇・映画)が好きなので

5.最終的にその学校を選んだ理由

1) イギリスらしい地方の町の生活を経験したかったこと、小規模な学校のほうが発言の機会が多く会話の練習になると考えたこと

2) ロンドン郊外の環境のよい場所にあること、適当な規模、試験コース

6.学校及びステイ先とイギリスでの生活のついての感想

1)
学校:
 小さな町の小さな学校で、常勤の先生は全員が個性的で素晴らしい。夏は混雑するようですが、それ以外の時期は皆が知り合いで和気あいあいとしています。基本的に小さな学校なので、ヨーロッパの高校生のグループが来ると突然人数が増え、臨時の先生が来て週単位で担任が変わったりするのが少々難点ですが、9月は半分くらい、10月以降はずっと学校全体の生徒数が10人以下、1クラス2〜4人という大変贅沢な環境です。私は4週間滞在しましたが、適当な期間だったと思います。長期の生徒さんは中東の人が多いですが(とてもいい人たち!)日本人でも1年いた人もいると聞きました。日本人は、私の他に9月前半は大学生が一人いましたが、他はヨーロッパと中東の人ばかりでした。授業は午前3時間、午後は1時間または3時間で、1時間の人は途中で退出するというシステムでした。午後は人数が減り、1時間の追加なら学費も安くてとてもお得です。コミュニティールームとキッチンがあり、お湯を沸かせるし冷蔵庫もあって便利でした。週一回程度、先生の一人が車で近郊の町などに連れて行ってくれ、行先の希望も聞いてくれます。小規模な学校ならではの良さがいっぱいで、ずっと変わってほしくないと思います。
ホームステイ:
 小さな町なのでステイ先はどこも徒歩圏内で、とても素敵なお家に滞在できると思います。学校とファミリーの関係が緊密なためか、悪い話はほとんど聞きませんでした。私はほんとうに優しい素敵な方のお家にステイさせていただき、最高に幸せでした。

2)
学校:
 先生はどなたもほんとうに優秀で、校内はとても綺麗で設備も充実しています。図書館のコンピューターを利用でき、映像ルームで毎日映画を上映しています。地下にカフェ?があり、お弁当やスーパーで買ったものを持ち込んで食べることもできます。授業は基本の3時間に、1時間または2時間の選択授業を追加できます。特にヨーロッパから短期で来る人などいっぱいいっぱい申し込んで来る人が多いのですが、学校が郊外なので週25時間だと、とくにホームステイの場合には平日どこにも行けなくなってしまいます。レベルによっては午後に適当な授業がない場合もあるので、申込みはせいぜい20時間にして、様子を見て追加することをお勧めします。選択授業は自由に変更できます。どこも同じなのでしょうが、夏は大混雑だったと聞きました。生徒の国籍はばらばらですが、韓国人とブラジル人が比較的多く、10月〜12月は日本人は学校全体で4、5人だったと思います。
ホームステイ:
 ハムステッドは高級住宅地なので環境がよく、徒歩圏内のステイ先も多いようです。ホームステイ、アパートを問わずロンドンでは当たり外れはどうしてもあるようですが、この学校は良いほうだと思います。私は徒歩15分くらいの、とてもいいご家庭を紹介していただきました。申し込む際に、フレンドリーなお家、食事のことなどはっきりと希望を伝えるのが大切だと思います。

7.週末の過ごし方

1) まず町の観光名所(シェイクスピアの生家、お墓のある教会、母や妻の実家など)を回り、バスで30分〜1時間程度のウォリック(中世のお城がある)、ブレナム・パレス(マルボロ公爵の居城でチャーチルの生家、豪華!)などに日帰りしました。お天気がよければ川沿いの公園でのんびりしたり運河沿いを散歩するのもよいですし、オックスフォードやバーミンガムまで片道1時間程度、バスを乗り継いでコッツウォルズの町にも日帰り可能です。

2) ロンドンには無料の博物館や美術館がたくさんあり、マーケットに行ったり公園を散歩したり、お金を使わなくても楽しむ方法がいくらでもあります。私はほぼ毎週お芝居に行き、映画祭やプレミア上映のレッドカーペットを見ることもできました。大都会ならではの、それぞれの興味に合わせた楽しみ方ができると思います。

8.留学中困った事、及び良かった事

 困ったことはほとんどなく、予想以上に物価が高かったことくらいでしょうか。現在のレート(180円前後)では、日本の倍と考えておいたほうがいいです。スーパーや衣料品店は全国チェーンなのでロンドンも地方も大差ありませんが、ロンドンは市内交通費が高いので大変です。
 良かったことは、ステイ先のご家族と親しくなれたこと。また月並みですが、いろいろな国から来たクラスメートと話ができたこと。特に中東の素敵な人たちや、韓国の聡明な女性たち、ヨーロッパや南米の夢いっぱいの若者たちと一緒に勉強することができて、ほんとうに楽しかったです。

9.その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

 イギリスへ行かれる方に強調したいのは、為替レートが今後大幅に変化すれば別ですが、日本で買えるものは持参するか送るべきだということです。私は基本的に現地調達派ですが、イギリスに関しては間違いでした。特に衣類と文房具は持参すべきです。ノート2冊で4ポンド、シャープペンシル(日本製)が2ポンド50と、あり得ない価格です。2ポンド以下でコーヒーを飲めるところはほぼないので、飲料用ボトルも持っていったほうがいいと思います。荷物は学校かホストファミリーで受け取ってくれるので、ニチアイさんに相談して下さい。ロイヤル・メイルは船便がなく、日本に送り返す方法がまた問題なのですが、私は日系の会社が割引キャンペーンをやっているときに利用しました。
 それでもイギリスは素晴らしく、また行きたいと思います。ぜひ行って下さい!一時に比べて、日本人の観光客も留学生もとても少なくなっていると思います。残念なことです。ご自分の目で、イギリスの現在を見てきて下さい。

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 ほんとうにお世話になりました!親身に対応していただき、安心して留学することができました。
 ネットを検索していると自力で手続すべきという意見も見かけますが、相手(語学学校)が海外企業なので日本的常識が通用しないこともままあり、エージェントさんを介して申し込んでいると対応が違うこともあると思いますし、困ったときに相談にのっていただける安心感は大きいので、語学力の有無にかかわらずエージェントさんにお願いしたほうがよいと思います。ほんとうに、安心してお任せして大丈夫です!


このページのトップへ戻る
「イギリス留学経験者の感想」フロントページへ戻る

イギリス留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
2005年1月1日から
(c) Copyright 1998-2017 Nichiai Ltd